治療の先にある“獣医療の本質”に触れる ~飼い主さんの心の奥底にアプローチを~

動物病院と飼い主さんとの法的トラブルを未然に防ぐために重要なのは、獣医師やそこで働く人々が“サービスの本質”を理解することであると、
東京都獣医師会・顧問弁護士の田村勇人先生は語ります。

では、動物病院のサービスの本質とは何か?
それは“飼い主さんの心の奥底にアプローチ”すること。
ともすると技術の追求に偏りがちな、いわば“職人”とも言える獣医師だからこそ、決して忘れてはいけない大切なマインドについてお話しいただきました。

<出演者プロフィール>

田村勇人
弁護士法人フラクタル法律事務所

2002年03月 法政大学大学院社会科学研究科修了
2003年11月 司法試験合格
2005年10月 平沼高明法律事務所勤務
2006年12月 弁護士法人フラクタル法律事務所開設
2019年04月 日本獣医生命科学大学博士課程入学

弁護士法人フラクタル法律事務所の代表弁護士として第一線で活躍しながら、フジテレビ「直撃LIVEグッディ!」を始めとする多数のメディアに出演。様々な法律問題の解説を務める。

著作・寄稿・講演活動にも精力的に取り組んでいる。 公益社団法人東京都獣医師会の顧問弁護士他、多数の企業・病院の顧問を務める。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ペットビジネスに関わる人々がこれからの時代をもっと面白く、軽やかに生き抜くヒントを得られるクリエイションコミュニティです。