8兆円規模の中国ペット産業の現状と課題

過去20年で急速な成長を遂げ、ペットブーム絶頂期を迎えている中国。\nその中国のペットビジネス事情はどのようなものなのか、日中の文化・ビジネスの橋渡しを行う(株)ポリスターの姚さんにお聞きしました。

中国ではペットの飼育頭数増加に伴い、ペット産業も年々ものすごい勢いで成長しています。しかしながら、急発展であるがゆえの課題やビジネス視点での問題点が顕著であることも事実なのです。
これはさながら10数年前の日本の様相。

では今、日本が中国のペットビジネスに向けてできることはなにか?
これから5年後10年後の中国ペット事情はどうなっていくのか。そんなヒントをお話しいただいています。

<出演者プロフィール>

姚 遠  「東京流行通訊」編集長/株式会社ポリスターMCN事業部 部長 2013年、中国人観光客向けフリーペーパー『TOKYO流行通訊』を創刊。株式会社ポリスターでは日中のペット文化を橋渡しするビジネスに携わっている。

<関連リンク>

日中ペット産業振興会
https://www.jcpa-pet.org/

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ペットビジネスに関わる人々がこれからの時代をもっと面白く、軽やかに生き抜くヒントを得られるクリエイションコミュニティです。